地番検索サービスや地番から住所の調べ方、地番変更について







地番検索サービス

地番検索サービスって何でしょうか。
住所を調べることではないの?と思いますね。
ちょっと違うんです。地番というのは法務局が不動産を管理するために定めた表示です。
住所というのは郵便物が届く表示、つまり日ごろ使っている住所のことです。
この違いは何なのでしょうか。
郵便物が届く住所というのは住居に関する表示法という市町村が定めた法律の表記法です。
地番というのは法務局が管理するためのものです。
何故こんな違いがうまれたのでしょうか。
登記簿は土地を売ったり買ったり人に貸したり、あるいは相続するために土地を確認するものです。
それらが何回も繰り返され、土地と道路の境目のわからなくなったり分割されたり合わされたりしてごちゃごちゃになってしまったため、郵便物を届けるにも困難になってしまったので、改めて住所の表示を考えたのが住居に関する表示法です。
大きな街などでは住居表示法が使われています。
ではどうして地番検索サービスが必要なのでしょうか。
住居表示と地番というのは全く違うものだからです。住居表示のまま登記をしている土地を探しても見つかりません。
そこで検索が必要になってくるのです。

地番から住所を調べる

では地番が分かったから何かを送ろう、というわけにはいきません。
郵便物などを送ろうとすれば住所が必要です。
町村名までは同じですが、そのあとの番地や〇〇丁目というのが必要になってきます。
地番が分かっていて住所を調べるには、地方自治体が管理している地番表を見ることです。
インターネットでも調べることができます。
どのあたりの土地なのかわかる場合は、いつもNAVIラボというサイトで調べることができます。
標高なども分かるので、便利ですよ。
ほかにはブルーマップというゼンリンから発売されている地図があるのですが、高価なので一つの土地のために購入するのは現実的ではありませんね。

地番調べ方

番を知りたいときはどうやって調べればいいでしょうか。
地番を管理しているのは法務局です。その地方の法務局に出向けば地図を見ながら調べてくれます。
もっと簡単に知りたいときは電話での質問にも答えてくれます。
法務局のサイトを見ると、電話番号や、所在地の地図などが詳しく記載されています。
インターネットで調べようと思えば、登記情報提供サービスというサイトがあります。
自分の土地の地番が知りたいときは、権利書や、登記識別情報で知ることができます。
今までは不動産の登記が終わった時点で権利書が交付されていましたが、平成17年(2005年)に不動産法の改正が行われ、権利書の交付に代わって登記識別情報を通知する方法になりました。
2005年以降に取得した土地については権利書(権利に関する登記済証)ではなく登記識別情報になっています。
そのほかの調べ方は、土地の納税通知書や固定資産課税台帳などで知ることができます。

地番とは

地番というのは土地の一筆(登記簿上について一つの土地につけられた土地の単位)についてつけられた番号です。
住居表示とどう違うのでしょうか。
地番は土地を管理するために一つ一つの土地について番号を付けていますが、何年もたって、土地を分割したり、合わせたりしているうちに、番号がつながらなくなったり、飛んでしまったりしています。
そのため、土地を探すのがとても困難になってきます。
そこで住居表示法というのが生まれました。
建物があって住んでいる人がいれば、郵便物などが配達できやすいように地域に分けて改めて番号を振りなおしているのです。
地番と住居表示がほとんど同じという地域もあります。

地番変更

地番変更というのはわかりづらくなった地番を整えて、住居表示などをあまりに差異がないように変更することです。
また都市計画などで整備された場合など、土地に大きな変更があると今までの地番では整理できないようになってきます。
その時は、地番変更が行われます。
地番が変更されると自動的に住所表示も変わるのですが、個人の住所は変更手続きをしなければいけません。
新しくなった住所と今までの住所は同じものだという証明が必要です。
その手続きは市町村で発行される町名地番変更証明書等が必要になってきます。
どんな時に必要なのでしょうか。
不動産を所有している人の住所が変わったとき。
法人などの代表者の住所が変わったとき。
運転免許証の住所変更や、車の所有に関係する手続きに必要。
などです。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする