ao入試の日程や持ち物、面接の注意点について

ao入試とは

aoはadmissions office、入学事務局の略であり、入学試験方法の一つです。
日本では1990年に慶応義塾大学で実施されたのが日本初となります。
通常の試験が筆記試験などを重要視するのに比べて、ao入試は個性などの筆記試験で見られない面を重要視します。

ao入試 日程

ao入試は通常の入試に比べ時期が非常に早いです。
早い所であれば8月から出願が始まるのでそれに合わせて志望校の決定や受験勉強をする必要があり、5月頃までに志望校を決めるのが理想です。

ao入試 併願

ao入試は基本的に併願は認められておらず、専願のみが認められています。
一部の大学などでは併願が認められていますが、その場合も片方だけではなく両方が併願が認められている大学でないと併願での出願はできません。

ao入試 対策

前述したように ao入試では通常の試験に比べ筆記試験では見ることのできない個性や適性といった面を重視します。
なのでao入試では志望理由をしっかり伝えることが大事であり、面接などでもキチンと受け答えをすることが重要です。

ao入試 志望理由書

ao入試における志望理由書とは名前の通り大学を志望する理由を書いた書類のことです。
大学によっては自己推薦書やエントリーシートとも言われますが内容は同じであり、ao入試の最初のアピールポイントともなる非常に重要なものです。

ao入試 合格発表

ao入試の合格発表については郵送での通知が基本になりますが最近ではインターネット上で確認できるようになっている大学なども多いです。
しかし、インターネット上での合格発表はあくまで補助的な手段なので、必ず郵送での通知を確認することが必要です。

ao入試 エントリーシート

ao入試において最初の関門となるのがエントリーシートです。
大学や学科を志望した理由を記入することになりますが、この内容によって大学側に自分のやる気や熱意といったものが測られることになるので、先生などと相談しつつ添削するのがおすすめです。

ao入試 模擬講義

ao入試の中には模擬講義を受けて講義内容をレポートにまとめて提出する場合もあります。
模擬講義は大学の先生が実際に大学でやっているような講義をしてくれるので、非常に有意義なものであると言えます。

ao入試 持ち物

ao入試を受ける場合、絶対に必要なものは受験票、筆記用具です。他には試験会場に時計がない場合には備えて腕時計、受験票を紛失してしまった場合に備えて生徒手帳、何かあった時のために現金も少し持っておくと安心です。

ao入試 面接

ao入試は筆記試験で見ることのできない個性や適性といったものが重視されます。
なので面接においても志望理由や熱意といったものをアピールすることが大切になります。
自分の中でしっかりと考えをまとめてハキハキと答えることが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする