看護師国家試験の試験会場と予想問題集、受験資格や予備校について







看護師国家試験 試験会場

看護師国家試験は医師や看護師、歯医者の医師など目指す目的別で試験会場が分かれています。
全て同じ試験会場ということは少ないです。
同じ県内や都内でも同じ試験会場で全ての看護師国家試験の項目が受けられるとは限りません。
例えば同じ試験会場で看護師と医師は受けられるけれど、歯医者の医師の資格を取る場所は別の場所という人もいます。
札幌コンベンションセンターでは視能訓練、理学療法、作業療法の資格を目指すことは今回出来ません。
愛知学院大学日進キャンパスでは視能訓練以外の資格は全てここで受けることが出来ます。

看護師国家試験 受験資格

看護師国家試験は誰でも受けられるわけではありません。
もちろん勉強をする必要がありますが、短大や自宅で勉強しているだけでは受験資格の条件には当てはまりません。
まずどうするかというと学校に行って勉強をしなければいけません。
学校を卒業して看護師養成所に行く必要があり、研修もいくつかこなして全て条件が整ったところで看護師国家試験を受けることが出来ます。
誰でも受けられるということはなく、看護師専門に勉強している人で条件に当てはまっていないと受験をすることが出来ません。

看護師国家試験 予想問題集

看護師国家試験の予想問題集は本屋で購入したり、通販サイトで購入することが出来ます。
高い問題集になると5千円ほどかかり、安い問題集だと2千円ほどかかります。
普通の資格の問題集は千円程度で買えるものが多いですが、看護師国家試験の予想問題集は普通より少し割高になります。
予想問題集でもいろいろなものがあり、自分のスタイルに合わせた予想問題集を買うことが出来ます。
医師や理学療法など目的別に予想問題集を購入することが出来ます。

看護師国家試験 予備校

看護師国家試験の資格を取るために予備校に通う理由は、確実に資格を1回で受かりたいからです。
国家資格の勉強は難しく普通に勉強しただけでは覚えきることも困難になります。
予備校は国家試験を受けるためにやっているだけの予備校もあります。
東京アカデミーではコースによっても違いますが2週間のコースだと高くて32万円、本当に安いコースだと数万円で終わらせることが出来ます。
さわ研究所では高くて3万円、安くて数千円で終わらせることが出来て、お金としてはお得です。

看護師国家試験 模試

看護国家試験の模試対策としてインターネットから模試の出方や練習問題を行うことが出来ます。
どういうふうに模試で出題するか分かるためには、模試の形式で練習問題を出題しているサイトに登録すると分析や合格か不合格か、どのくらい出来るか判定してくれます。
インターネットのサイトによっては登録が簡単なところもあるし、登録するのに時間のかかるところもあります。
模試の対策を行うためには会員登録をしてインターネットで勉強をする必要があります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする