クオカードはどこで、どうやって購入するのがお得なの!?





クオカード購入場所

クオカードを一番手軽に購入出来る場所はコンビニです。セブンイレブンやローソンやファミリーマートなど大手のコンビニで購入出来ます。ローソンの場合はロッピーという機械があり、ロッピーを使って購入することも可能です。コンビニ以外の手段としてはインターネットやFAX、金券ショップから購入することが出来ます。インターネットで購入する場合はクオカード公式ホームページのサイトを見て、公式ホームページから購入することが出来ます。大手の百貨店や本屋からも購入出来る場所がいくつかあり、購入出来るところは沢山あります。一番手軽な方法はコンビニから購入する方法で、どの地域にもクオカードは売っています。

クオカード購入クレジットカード

クオカードは通常現金のみで支払うところが多いですが、クレジットカードで購入出来るところもあります。クレジットカードを使えるところは金券ねっとというサイトで購入するときにクレジットカードで支払うことが出来ます。きちんとクレジットカードで支払うことや中古で売っていることに関して許可を得ているお店であり、中古に関する金券などを販売しています。金券ねっとを利用する場合も会員登録が必要になり、ログインをしてから購入する方法になります。金券ねっと以外ではクレジットで支払う方法は取り扱っていません。インターネットやFAXは現金もしくは現金の振り込みなど指定された支払い方が多いです。

クオカード購入金券ショップ

クオカードは先ほども述べた通り金券ショップで購入することが出来ます。この金券ショップで購入する方法は節約にもなります。実は金券ショップで購入するときはクオカードに記載されている金額よりも若干安い価格で購入することが出来ます。500円のクオカードの場合は490円程度で購入することが出来るし、1万円のクオカードなら9800円程度で購入することが出来ます。つまり元の価格よりも若干割り引いて売っており、お得に購入することが出来ます。コンビニやインターネットや他のところでは割引価格にはならず、節約することは出来ません。安い価格で購入出来るのは金券ショップのみとなります。

クオカード購入手数料

クオカードを購入するときに忘れてはいけないことは購入手数料がかかります。身近にあるコンビニで購入するときも手数料がかかります。500円のクオカードを購入するときは500円しか手元にない場合は購入することが出来ないし、1000円のクオカードも同様に1000円しか手元にお金がない場合は購入することが出来ません。手数料はいくらかかるのかというと1つのクオカードにつき数十円かかります。手数料がかかるため、よく考えて購入することが大切です。手数料というのはカードを発行するための手数料で、お金がかかります。今はクオカードを作るには無料ではなく、どの店でもお金がかかります。

クオカード購入コンビニ

クオカードは先ほども述べた通りコンビニで購入することが出来ます。コンビニによってクオカードを取り扱っている金額が若干違います。クオカードで支払うときファミリーマートのTポイントにも現金と同じようにポイントがつき、ローソンではポンタポイントがつきます。コンビニでクオカードを購入する場合は、コンビニに行って直接レジに行きます。レジでクオカードを購入したいことを伝えてレジで直接お金を払います。レジで払うときにクオカードの金額を聞かれるため、金額を答えます。基本は大手のコンビニで購入することは出来ますが、同じコンビニでもときどき購入出来ないところもあります。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする