軽減税率の対象業種や補助金、請求書やデメリットについて







軽減税率対象業種

軽減税率の対象となる業種は主に食品関係を取り扱う業種になります。ただし、外食店は除きます。
・食品スーパー、コンビニ関連(酒類を除く)
・類似品のお酒(ノンアルコールビール・甘酒など)
・外食店のテイクアウト食品
・学校の寮や、老人ホーム施設などで提供される食事
・週2回以上発行される新聞

軽減税率とは

軽減税率とは、特定の商品の消費税率を一般的な消費税率(10%)より低く(8%)設定する制度です。軽減税率の導入の目的は、低所得者層への経済的な配慮です。所得に関係なく一律の割合で食料品などの対象商品の税率が低くなります。

軽減税率補助金

消費税軽減税率制度の実施に伴い、中小企業や小規模事業者などは複数税率対応レジを導入したり、受発注システムを改善したりしなければなりません。そこで、それらの企業に補助金を給付し、導入の準備が円滑に進むように支援する制度が設けられています。

軽減税率請求書

軽減税率の導入に伴い、2019年10月から区分記載請求書等保存方式が始まります。区分記載請求書等には従来の必要項目に加え、以下の項目の記載が必要になります。
・軽減税率の対象である旨
・税率ごとに区分して合計した課税資産の譲渡等の対価の額(税込)

軽減税率デメリット

軽減税率のデメリットは主に以下の3つです。
1.対象品目の線引きが困難。
テイクアウトとイートインなど曖昧なものが多くあります。
2.減額される税金の補てんが未定
軽減税率を実行するための財源がいまだ未定です。
3.お金持ちにも恩恵
食費にかかる費用の多いお金持ちの方が有利になります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする