障害者手帳の条件と種類や等級、デメリットや有効期限について







障害者手帳条件

障害者手帳の条件は身体がどこか生まれつき悪い、他の病気から手足などが不自由、長い期間精神科に通っているというどれかの条件が必要になります。簡単に言うと今すぐ社会復帰が体の状態により簡単に出来ない人が受け取れます。

障害者手帳種類

障害者手帳は身体障害手帳、精神障害手帳、療育手帳の3つがあります。手帳はメモ用紙のようなものではなく、どちらかというと証明書のように身分としても使えるものとなっています。

障害者手帳等級

障害者手帳は身体障害者手帳と精神障害手帳は全く違います。身体障碍者の場合1級が軽く3級が重い状態になります。それに対し精神障害手帳は1級は重く3級は軽い状態となります。

障害者手帳デメリット

障害者手帳があると社会の復帰も難しくなります。それは会社が手帳のことを考え採用してくれないからです。それから級によって重い級と軽い級では支給してくれるお金や対象となるものや配慮が全く異なります。

障害者手帳有効期限

障害者手帳の有効期限そのものはありませんが、更新しないと障害者手帳は使えなくなります。有効期限は手帳に記載されている日付となります。この日までに印鑑や書類などを持って役所に行かなければいけません。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする