雇用保険65歳以上や料率、被保険者資格や加入条件、計算方法について







雇用保険65歳以上

65歳以上の雇用保険の適用要件は、週に20時間以上の労働時間で雇用見込みが31日以上になる場合です。適用要件を満たしている場合、別の職場になっても雇用保険に加入する対象となっています。

雇用保険料率

雇用保険料率は、毎月得る給与の総額に対して雇用保険料率を掛けたものです。手当などの関係で給与が変わる場合雇用保険料率も毎月変わることになります。社会保険料や税金は控除前の総額となります。

雇用保険被保険者資格

雇用保険被保険者資格は1週間の労働時間が20時間以上となり、かつ31日以上雇用されるという見込みがある人です。パートタイムの労働であっても、基準に該当する場合雇用保険への加入手続きが必要となります。

雇用保険加入条件

非正規雇用者の場合、週20時間以上の労働で31日以上雇用の見込みがある人です。正規で雇われている従業員の場合は、年齢関係なく雇用保険に加入する義務があります。

雇用保険の計算方法

雇用保険の計算方法は、賞与を含む給与額に雇用保険料率を掛けたものになります。雇用保険料率は、事業によって変わり毎年見直されるものです。一般事業の場合は、労働者負担が1000分の3となっているためこれに給与を掛けた額になります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする