法人税の納付先など、法人税の納付についての疑問にお答え!







法人税の納付先

法人税の納付先には大きく分けて3つあります。まず銀行や郵便局の窓口です。
ATMを利用することは出来ませんので気を付けて下さい。
次に税務署です。税務署で法人税を納付すると、すぐに納付書を発行してくれるので便利です。
また、他の窓口よりも長く開いているというメリットもあります。
最後にetaxなどのインターネットを利用した電子納付によるものです。
電子納付のメリットは、24時間いつでも好きな時に利用することが出来るという点です。

法人税の納付時期

まず、法人税には中間申告と確定申告の2種類があります。
中間申告は前事業年度の税額が一定額を超えた場合に、申告をしてお金を支払う必要があります。
中間申告と確定申告の納付期限は、それぞれ決算日から2ヶ月以内と決められています。
しかし法人税の場合では、それぞれの法人が定めた事業計算を元にして金額の計算を行うので、納付時期もそれぞれの会社や事業で異なってきます。
簡単にまとめると、中間申告の納付時期は、事業が開始されてから6ヶ月経過した日から2ヶ月以内まで。
確定申告の納付時期は、事業が終了した決算日から2ヶ月以内までとなっています。
例外として、納付期限日が土日祝日などで税務署が休みの時は、次の日が納付期限日となっています。

etaxによる法人税納付

法人税はインターネット環境を利用して納めることも可能です。
例えば、etaxという電子申告を利用すれば、わざわざ税務署や銀行・郵便局などに行かなくても、家に居ながらにして法人税を支払うことが出来るので大変便利な方法です。
また、時間を気にせず24時間いつでも出来るというメリットがあります。
一つだけデメリットを挙げるとすると、税務署などの受領印が手元に残らないということです。
しかし現在では、電子データによる提出を受け付けている金融機関は多くなってきているのでそれほど問題ではありません。
etaxを利用するためには、まず自分が使用しているパソコンの動作環境と国税庁が推奨する動作環境を照らし合わせて利用することが出来るかをチェックしましょう。
次にマイナンバーなどの身分を証明できる電子証明書を準備しましょう。
etaxを利用するためには、ICカードリーダーというパソコンから情報を読み込むための周辺機器も必要になりますので、家電用品店などで購入しておきましょう。

法人税納付の勘定科目

まず初めに、勘定科目というものを簡単に説明すると、取引内容が分かりやすくなるようにあらかじめ取引の種類をカテゴリーでまとめることを指します。
例えば、10万円以上のパソコンを購入したとすると、勘定科目は工具器具備品となります。
それでは法人納付税の勘定科目は一体どうなっているのでしょうか。
結論から言うと法人税納付の勘定科目は、「法人税等」として使われています。会社などで生じた利益に対して課税して支払う税金は、法人税等として扱われるのが一般的です。もちろん会社の利益はそれぞれで異なりますし、同じ会社でもその年によっては利益が変動することもあります。
そういったことも含めて、会計上の処理と税務上の処理を統一するために、法人納付税の勘定科目には法人税等という勘定科目が使われるのです。

法人税納付書の書き方

法人税納付書の具体的な書き方を説明します。
まず初めに、納付書に記載されている税目番号や税目、住所や会社名などといった項目に間違いがないかを確認してください。
間違いがないことを確認したら、これから説明する必要事項の記入を開始していきます。
まず初めに、納付書転記表に書かれている本税の金額を納付書に記入します。
次に、本税の合計額を記入します。この時に必ず\マークを書くことを忘れないように気を付けましょう。
基本的な書き方としてはこれだけで大丈夫ですのでそれほど難しい作業ではないかと思います。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする