県民共済 子供の通院・入院に備えて、知っておきたい!







県民共済 こども2型の特徴

県民共済は子供向けプランが2つあります。
1つは1型と呼ばれており、毎月1000円掛けて入院や手術や通院費用をある程度保障してくれます。
入院だと1日5000円は保障してくれるし、事故でも1日2000円保障をしてくれます。
もう1つの2型と呼ばれているのは1型よりも沢山保障してくれます。
代わりとして1型では1000円毎月掛けていたのが2型では2000円必要になります。
沢山払った分、2型だと入院は1日1万円は保障してくれるし、事故も1日4000円保障してくれて1型よりも大きな金額で保障をしてくれます。
体を怪我している子供にとってはメリットの大きいプランになります。

県民共済 子供の通院

県民共済は子供の通院も保障してくれます。
通院の場合子供のプラン1型だと2000円、2型だと4000円保障してくれます。
この金額は先ほど述べた事故で通院している金額のことを言います。
入院の場合は事故と病気の両方を保障してくれますが、通院だと事故のみとなります。
ただし事故というのは車の事故だけではなく、虫さされで通院している事故、災害でトラブルが起きている事故なども保障されます。
子供にとっても大きなプランですが、今災害が日本各地で出ているので、地域によっては本当に助かるプランとなります。
蜂にさされても、動物に襲われても事故として条件を満たせば保障してくれます。

県民共済 子供の骨折

県民共済の子供の骨折は通院の事故に該当します。
同じく1型だと1日2000円、2型だと1日4000円出ます。通院は毎日しなければいけないわけではないし、決められた通院の日に行くだけでも保障してくれます。
骨折は事故の対象になり、確実に保障してくれます。
ただし長くて通院した日数、病院に通った日を合計した日数が90日以上超えると自分で負担をしなければいけません。
例え2型であっても保障合計日数は90日までです。
骨折は車の事故以外にも体育や部活動をしている最中も指が骨折しないとは限りません。
少し指の骨が折れても同じ保障金額で保障してくれます。

県民共済 子供の手術

県民共済は子供が手術をしても保障をしてくれます。
1型だと合計2万円から20万円まで保障して、2型だと合計4万円から40万円まで保障をしてくれます。
手術の場合2型の方がかなり大きく保障してくれます。
手術の対象内に入るものは、普通の手術、日帰り手術、中耳炎などの手術も対象内に入ります。
県民共済によっては1型の場合は2万から20万ですが、県民共済の県や組合によって保障金額が少しずつ違うし、2型も同じことが言えます。
手術によっては少しだけ条件に当てはまらない手術があります。
膿を出すための手術、切った後針で縫う手術、歯を抜く手術などは該当しない地域もあります。

県民共済 子供の入院

県民共済では子供の入院は1型でも沢山保障してくれます。
1型だと1日5000円、2型だと1万円になります。
事故に対する入院も病気に対する入院も同じ金額を保障してくれます。
通院の場合は事故のみ、通常何かのトラブルや虫刺されなどのアクシデントしか保障してくれませんが、入院の場合は病気もきちんと保障してくれます。
このとき医療機関によっては子供は無料でやってくれる入院もあります。
無料でやってくれても保障金額は同じようにお金が入ります。
通常入院の子供1型と2型は病気も事故も最高で1年保障してくれます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする