障害者等級と障害者手帳、障害者年金について







障害者年金 受給資格

障害者年金を受給するためには資格が重要になります。
等級はもちろん国民年金か厚生年金のどちらかに入っていることや20歳未満など受給のための資格があります。
満たしているかどうかをチェックしてみてください。

障害者年金 所得制限

障害者年金は障害者手帳を持った全ての人が受給できるわけではありません。
所得制限の額が定められています。
所得制限内であれば受給できるし、超えていれば受給できないということになります。
まずは、自分の所得を確認してみましょう。

障害者等級とは

障害者等級とはそれぞれの障害の症状に合わせて、等級が決まっています。
全部で14等級ありますが等級の数が少なくなればなるほど、症状が重いものになります。
等級がどれにあたるのか詳しく載っているので、確認してみてください。

障害者等級 認定基準

障害者等級認定の基準は、その対象の傷病ごとによって変わってきます。
傷病別に基準も違うし等級も変わってくるので、まずは自分がどれに値するのかを見てみることから始めてみてください。
ネットからでも見ることができるので、チェックしてくださいね。

障害者手帳 取得条件

障害者手帳は誰しもが取得できるものではありません。
例えば傷病によっても取得できるもの・できないものと分かれてきます。
詳しくは各市町村のホームページに傷病一覧が記載されているので、チェックしてみましょう。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする