運転免許の種類や点数、試験場と視力、紛失について







運転免許視力

運転免許証を持つためには視力が必要です。片目が0.3以上あること、もう一つの条件が両目合わせて0.7以上あることです。眼鏡をしている場合は眼鏡をかけたときの視力になります。

運転免許点数

運転免許には点数があります。点数はお酒を飲んだまま飲酒運転をすると免許取り消しになり、少し違反をすると2点取られます。1年間合わせて6点以上の点数を取ると免許取り消しになります。

運転免許の種類

運転免許は種類があり、大型免許、中型免許、小型免許があります。大型免許とはバスや大きな車を使用するときに必要、中型免許は普通車と軽自動車に乗るために必要、小型免許は小さな軽自動車を乗るために必要な免許です。

運転免許試験場

運転免許は試験場に行かないと免許を取ることが出来ません。車の運転を覚えるときは自動車学校、免許の更新をするときは県にいくつかある試験場に行きます。試験場では免許の発行や更新、紛失をしたときや免許を取るための最後の試験に必要なところです。

運転免許証紛失

運転免許証をなくした場合はすぐに運転免許の試験場に行かなければいけません。なくしたことをすぐに知らせ、再発行をしてもらいます。このとき写真、他の身分証明書、印鑑が必要になります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする