日本看護協会と認定看護師やクリニカルラダー、出版会や学会について







日本看護協会とは

日本看護協会とは、保健師、助産師、看護師などの資格を持つそれぞれの個人が自らの意思で加入する日本で一番大きな看護職能団体です。組織の力で看護業界を取り巻く問題を解決することが同協会の設立の経緯と目的となっています。

日本看護協会 認定看護師

日本看護協会は、認定看護師制度を設けています。看護の知識や技術を質の高い状態で実践できる看護師を社会に送り出すことが目的となっています。特定されている分野は救急看護、集中ケア、訪問看護など、21分野にも及びます。

日本看護協会 クリニカルラダー

クリニカルラダーとは、看護教育の先駆者であるパトリシア・べなーが提唱した概念で、クリニカル(臨床)とラダー(はしご)を合わせた言葉です。つまり、看護師のキャリアとともに能力を向上させるという意味が含まれています。看護師のキャリアを段階的に示した指標になっています。

日本看護協会 出版会

日本看護協会出版会は、日本看護協会の全額出資により誕生した株式会社です。看護や看護関係の書籍や雑誌などの出版や販売などを行なっています。また、看護職を対象としたセミナー安堵の企画運営や、広告代理業なども担っています。

日本看護協会 学会

日本看護協会は、日本全国で専門別7領域の学術集会を開催しています。2017年度には約13000人が参加しています。看護職員が実践に基づいた研究を発表したり、看護に関する話し合いを持つ場となっています。本会員だけでなく、非会員や学生も参加可能となっています。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする