陽子線治療の効果と副作用、デメリットや保険適用について







陽子線治療とは

陽子とは水素の原子核を特殊な機械を用いて人工的に加速させたもので、放射線治療の一種として使用されています。その粒子は微細で、プラスの電気を帯びています。放射線を用いて、癌などに対して放射線治療を施していくことが可能です。

陽子線治療 効果

陽子線は、設定した深さに応じてエネルギーを放出して止まるという特性を持っています。そのため、患者の必要とする最適な照射にピンポイントで合わせることが可能となっていて、正常な組織に悪影響を与えるリスクを防ぐことができます。

陽子線治療 デメリット

特殊な装置を使用するため、治療を受けられる施設が少ないことが挙げられます。そのため、通院できる病院を探すのが困難な可能性があります。また、同様に特殊な治療であるため、知識や技術をもつ医師が少ないこともデメリットとしてあります。

陽子線治療 保険適用

健康保険は適用できません。費用も300万円程度は見込む必要があり、高額な治療費がかかるのが実情です。民間の医療保険の先進医療特約などでは、利用可能な保険会社や医療機関も存在しています。自治体によっては、陽子線治療の減免制度を設けています。

陽子線治療 副作用

X線を用いた放射線治療と比べると、副作用が少ないのが特徴となっています。一日に30分程度の治療を行うだけで良いので、身体的な負担も少なくて済み、毎日の通院で治療を進めていくことが可能となっています。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする