準確定申告の必要書類や期限、書き方や医療費控除について







準確定申告とは

準確定申告とは、個人事業主など確定申告をする必要があった被相続人が確定申告する前に亡くなってしまった場合に、その遺産を相続する人が代わりに確定申告をすることです。この場合、申告に加え所得税の納付が必要になることもあります。   

準確定申告 必要書類

準確定申告にあたり、まず必要な書類は所得税の確定申告書です。また控除申請する際には、添付の書類として給与や年金の源泉徴収票等も必要です。さらに申告書を提出する際には、確認のために申告者(相続人)の身分証明書、申告者の印鑑も求められます。

準確定申告 期限

準確定申告をしなければならない期限は、被相続人の死亡時から4ヶ月以内となっています。通常の確定申告の期間は2月16日から3月15日までの間ですが、準確定申告はこの期間に限られません。期限内に申告しない場合には、相続人に対して延滞税が課される場合もあります。   

準確定申告 書き方

申告書にはAとB、付表があります。具体的には、申告書Aは会社員・アルバイトなどの給与所得者や、年金受給者が亡くなったときに使用し、一方で申告書Bは個人事業主などが亡くなったときに使います、もし相続人が2人以上いる場合には、A・Bのどちらかに加えて付表の記入も必要です。もし相続人が1人であれば、付表は提出不要です。     

準確定申告 医療費控除

亡くなった人が、死亡日までに自身で実際に支払った医療費については、医療費控除の対象となります。また、夫婦のように生計を共にする関係で一方が亡くなった場合には、死亡した後に残された者が支払った医療費も準確定申告の対象です。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする