エアメールの料金と日数、宛名の書き方や送り方について







エアメールとは

エアメールとは、郵便制度の中で航 空機によって国内又は国外間を結ぶことで、配達の時間 を短縮する制度のことです。国際郵便では航空郵便、内 国郵便・ゆうパックでは航空機積載と言われています。

エアメール料金

エアメールの料金は、第1地帯のアジ ア、第2地帯の北中米・豪欧州・中東、第3地帯の南米・ アフリカの3つの地帯と、定形か定形外かで分けられて います。手紙は定形25g~50gで90円~230円、定形外50 g~2.0kgで220円~4,990円の幅になります。ハガキは 全世界70円均一、航空書簡は全世界90円均一になります 。またグリーティングカードは25gまでで90円~130円で 送れます。

エアメール日数

エアメールの到着日数の目安ですが 、アジア地域は2~4日程度、オセアニアは2~3日程 度、北米は2~3日程度、中米は5日程度、中近東は3~5 日程度、ヨーロッパは3~4日程度、アフリカは3~5日程 度、南米は3~4日程度、ロシアは9日程度かかります。

エアメール宛名の書き方

郵便物は基本的にどれも表 面に自分と相手の住所を書きます。書き方は、自分の住 所を左上に小さく書き、相手の住所を中央に大きく書き ます。そして住所は狭い区分から大きい区分へ順に並べ て書きます。次に宛名ですが、相手の名前の最初に 「Mr.]や「Mrs.」を付け(日本で言う「様」に相当しま す)フルネームで書きます。間違いやすいのは、「Miss 」は未婚女性に付けるのに対し、「Ms」は既婚・未婚が 不明な場合に付けるということです。

エアメール送り方

送り方は特に難しいことは無く、 郵便局にて国際郵便で送ることを告げ、軽量してもらう と料金が計算されるので、料金を支払って終了です。切 手を最初に貼っておく必要はありませんが、料金が明確 に分かっているのであれば、好きなものを貼って送って 構いません。

エアメールはがき

エアメールでハガキを送る場合は 、エアメール専用の国際郵便はがきを使います。このは がきには切手や必要事項が元から印刷されているので、 宛先を書くだけで送り先に送ることが出来ます。先ほど も書きましたが、全世界70円均一で送れます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする