収入印紙の種類と金額や購入、契約書と貼り方について







収入印紙 種類

収入印紙が何種類あるかご存知でしょうか?
1円~10万円まで、31種類もあります。1円~10万円までいろいろな種類がありますが実際に使われるものは限られています。
会社間の取引基本契約書には4,000円の収入印紙を貼ることになっています。会社設立時の定款には40,000円の収入印紙を貼ることになっております。

収入印紙 金額

記載された受取金額が
3万円未満(平成26年3月31日まで)5万円未満(平成26年4月1日以降) 非課税
100万円以下 200円
100万円を超えて200万円以下 400円
200万円を超えて300万円以下 600円

収入印紙 購入

収入印紙はコンビニや郵便局で購入することが可能です。
取り扱いのあるコンビニは以下のとおりです。
・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・ミニストップ
・サークルKサンクス
・デイリーヤマザキ
・ポプラ
・スリーエフ
・セイコーマート
有名なコンビニではほとんど取り扱いがあります。
ですが、収入印紙の在庫があるかどうかは地域、店舗によって異なります。事前に問い合わせてみるのをお勧めします。

収入印紙 貼り方

収入印紙は切手とは違い、正しい貼り方があります。
誤った貼り方をしてしまうと罰則対象になることもあるので注意が必要となります。量が多い領収書や手形などを発行する法人の場合は税務署からの承認があれば、収入印紙を貼らなくても申告による納税が可能です。

収入印紙 契約書

収入印紙は印紙税法で定められた税金の納入が必要な文書に対する税金を納める仕組みになっています。文書を作成したときに収入印紙を購入し文書に貼付ることで納税したことになります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする