ふるさと納税の還元率や限度額、おすすめや確定申告について







ふるさと納税 とは

ふるさと納税とは自分が選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合、寄附額のうち2,000円を超える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度のことをいいます。(一定の上限あり)
また、自分の生まれ故郷だけではなくお世話になった自治体や応援したい自治体など、どの自治体にでもふるさと納税の対象となります。

ふるさと納税 限度額

ふるさと納税は控除上限額内の寄附であれば、寄附合計額から2,000円を差し引いた分が、住民税や所得税から控除・還付を受けることができます。ただし控除上限限度額は年収(給与収入)や家族構成で異なります。そのためひとりひとりが控除上限額を知っておく必要があります。

ふるさと納税 還元率

2017年4月、総務省がふるさと納税の還元率(お礼の品)が高いことを問題視しました。返礼品の調達額を寄附額の3割以内にするといったことや家電や商品券をお礼の品にすることをやめるように通達をしています。

ふるさと納税 確定申告

3通りの申告方法から選ぶことができます。
・税務署の窓口で報告書を作成して提出
・国税庁のホームページにて申告書を作成し、プリントアウトをして提出
・国税庁のホームページにて申請書を作成し、e-taxで提出

必要なものを用意する
・源泉徴収票
・寄附先の自治体が発行した寄附金受領証明書
・還付金受取口座の通帳
・印鑑
・個人番号確認の書類と本人確認の書類のコピーまたは原本

確定申告書を入手する
・税務署の窓口でもらう
・国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーから画面の案内に従い確定申告書を作成する

申請書の作成
・申請書に必要事項を記入する
・源泉徴収票と寄附金受領証明書の内容に沿って必要事項を入力
・申告書を提出
・入力後に印刷した申告書は税務署へ郵送するか直接持参をする

ふるさと納税 おすすめ

ふるさと納税におすすめの地域を地方ごとにご紹介します。

北海道地方 北海道上土幌町
東北地方 山形県天童市
関東地方 茨城県境町
中部地方 新潟県燕市
近畿地方 大阪府泉佐野市
中国地方 岡山県総社市
四国地方 高知県奈半利町
九州・沖縄地方 宮崎県 都城市

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする