保険解約の手続き、税金と確定申告や仕訳、保険解約返戻金について







保険解約 手続き

保険解約の手続きはとても簡単に行うことが出来ます。
保険の解約をしたいと説明したり、解約の書類を書くことで手続きが可能です。
ただし保険解約が出来るのは保険を契約した本人のみ解約が可能になります。

保険解約 確定申告

保険を解約すると保険会社によっては解約返戻金というものが貰えます。
解約したときに貰ったお金は確定申告に関わり、収入の一部として取り扱われます。
そのため保険の解約をするタイミングにも気を付けなければいけません。

保険解約 仕訳

保険解約したときの解約返戻金は収入として扱われ、細かく言うと一時所得の部類に入ります。
だから一時所得で20万以上超えている、つまり解約返戻金から控除を差し引いた金額が20万以上ある場合は確定申告が必要になります。

保険解約 税金

保険解約は先ほども述べたように一時所得の部類に仕訳されます。
そのため所得として考えられるので所得税という税金の対象になります。
返戻金が多いほど所得税を払わなければいけない金額も大きくなります。

保険解約返戻金

保険解約返戻金とは保険を解約したときに手元に入るお金のことを言います。
特に生命保険などに入ると何か起こったときの責任準備金としてお金を納めています。
しかし解約することによって権利を失うため、解約返戻金が戻ってくるという仕組みになります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする