年金受給額と年齢や資格、確定申告とアルバイトについて







年金受給額

年金受給額とは将来年金を貰うための手元に入る金額のことを言います。
年金受給額は年金の普段の納め方によって将来貰える年金受給額も変わるし、人によっては多い人と少ない人がいます。

年金受給額 年齢

今の年金受給額の年齢は65歳から年金が貰えます。
しかし将来は年金受給額の年齢が67歳もしくは70歳という話も出ており、今後年金受給額が貰える年齢が変わる可能性もあります。
基本65歳ですが、70歳から貰うようにすることも可能です。

年金受給 資格

年金受給にはいくつかあります。
まず最初は65歳以上の人です。
病気で働けない人や身体や精神に問題がある人で、病名が市役所のリストに当てはまれば障害年金が貰えます。
年金は歳を取ってからではなく早めに貰える人もいます。

年金受給者 確定申告

通常は年金受給者の人は確定申告をする必要がありません。
年金に対する確定申告は少ないですが、年金を貰っていてもあまりにも収入が高い人、年間2000万以上の人は確定申告が必要です。
また医療費がかかっている場合も確定申告が必要になります。

年金受給者 アルバイト

アルバイトでかなり稼いでいる場合や年金も沢山貰っている場合はアルバイトをしていると余計に確定申告が必要です。
ただ年金を貰っている人でもアルバイトはすることが出来るし、アルバイトするのは自由です。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする