贈与契約書の書き方とひな形、印紙と現金について







贈与契約書とは

生前贈与など、誰かにお金やものなどを無償であげるときに作る契約書のことです。本来、生前贈与を含めて贈与という行為には法律上、契約書は必要ないのですがキチンと書面にしておくことで後々のトラブルを防ぐことができます。

贈与契約書 書き方

贈与契約書の書き方についてですが上記の通り、法律上必要のないものなので決まった様式や書き方というものはありません。不安であれば専門家に任せてしまうのがいいです。自分で作成する場合、パソコンで作成しても問題ありませんが本人証明のために日付と署名だけは手書きにするようにしましょう。

贈与契約書 ひな形

自分で作る場合も一から書類を作るというのは意外と大変です。そういった場合は「贈与契約書 ひな形」でインターネットで検索すれば贈与契約書のひな形を無料でダウンロードできるサイトがあるので活用してみるのがおすすめです。

贈与契約書 印紙

贈与契約書の場合、基本的には印紙は不要です。しかし、贈与されるのが不動産の場合は例外です。不動産でも通常の贈与であれば一律200円ですが負担贈与といって贈与する不動産のローンなどを負担してもらう代わりに贈与をする場合はそれ以上の印紙代がかかる可能性もあります。

贈与契約書 現金

相続税対策として利用されることが多い生前贈与ですが現金を渡す場合はしっかりと贈与した証拠を残しておく必要があります。基本的には手渡しではなく口座振込で記録を残しておき、贈与契約書を作成するのがいいでしょう。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする