専従者の控除と確定申告、扶養や副業について







専従者とは

専従者というのは配偶者、子供を一括でまとめて今普通に一つの会社で勤めているのを専従者と言います。
フリーランスも基本的に専従者の一員として扱うことが出来ます。
いくつものところで働いていると専従者の対象にはなりません。

専従者 控除

専従者控除を受けるときは何が必要になるかというと白色の申告、青色の申告のどちらかが必要になります。
ただし専従者控除には一定の条件が必要になるから注意が必要です。

専従者 副業

専従者は副業していても対象となります。
フリーランスも先ほど述べたようにもちろん対象になるし、ライターなども対象になります。
副業しているからといって税金を払わないということはありません。

専従者 確定申告

専従者でも確定申告が必要になります。
フリーランスでも多額な金額を稼いでいる場合は確定申告をする必要があります。
もちろん医療費がかなりかかった場合も確定申告に行きます。
大きな会社で勤めている場合は確定申告は会社でやってくれます。

専従者 扶養

専従者控除、扶養控除、配偶者控除などいろいろ控除がありますが、専従者の控除をしていると扶養の控除を受けることは出来なくなります。
普通なら一括に家族でまとめて所得税からお金を引くことが出来るけれど、専従者控除を受けた場合これらが出来なくなります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする