控除額や控除証明書、控除対象配偶者について







控除とは

控除とは所得税からお金を引いたものを言ったり、普通なら支払いするものも制度を利用して払わなくてもいいようになっているものを控除と言います。
控除は所得控除や配偶者控除などがあり、確定申告のために控除は必要なものとなっています。

控除対象配偶者とは

控除対象配偶者とは父と母がいるけれど、母が専業主婦として忙しくて稼ぐ金額が少ない場合、この母に関する配偶者控除を受けることが出来ます。
配偶者とはいわゆる夫ではなく母や祖母や祖父のことを言います。

控除対象外消費税とは

私達が一般的に払うのは物を買ったときに普通に払う消費税が一般的です。
会社を経営しているときに利益があると売上に対する消費税がかかります。
この消費税を納めているときに納めている金額を減らすことが出来ないものを控除対象外消費税と言います。

控除額

控除というのは差し引くことを言うけれど、控除額というのは所得税や税金の差し引く前の金額から差し引いた差額を控除額と言います。
所得税の控除を所得税控除額、税金の控除を税金控除額と言います。

控除証明書

控除証明書というのは給料を貰うときに説明がしっかり書かれている証明の紙のことを言います。
どれだけ控除されたり所得税から差し引かれているか見ることが出来ます。
これがあると確定申告やローンなどに使う証明書代わりにもなり、必ず保存すべき証明書となっています。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする