労災保険の給付と加入条件や特別加入、休業補償について







労災保険とは

正確には労働者災害補償保険と言い、労働者の通勤中及び業務中の災害に対して補償される保険です。
雇用保険と合わせて労働保険と呼ばれることが多く、被災労働者の社旗復帰や適正な労働条件の確保なども行っています。

労災保険 加入条件

基本的に従業員を1人でも雇っている事業所は労災保険に入る必要があります。しかし官公署の事業のうち非現業のものや国の直営事業所、船員保険に入っている場合などは他の法律で既に補償されているので労災保険は適用されません。

労災保険 特別加入

実際の業務状況や災害の発生状況を見て労働者以外も労災保険に加入させる制度を特別加入制度と言います。この制度で特別加入できるのは中小事業主等、一人親方等、特定作業従事者、海外派遣者に分類される方のみとなります。

労災保険 休業補償

業務や通勤が原因のケガや病気で休業せざるを得ない場合、休業補償給付と言って休業中の所得が補償されます。休業補償給付の請求をするには業務上の理由ケガや病気で療養していること、それが原因で業務ができないこと、業務ができない為に賃金をもらっていないことが条件になります。

労災保険 給付

労災保険で受けられる給付には様々な種類があります。業務上の理由でケガや病気になってしまった際に支給される療養給付、ケガや病気が治った後に障害が残ってしまった場合に支給される障害給付などがあり、給付内容もケガや病気の状態によって変わってきます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする