法人税の税率と計算、納税証明書や予定納税について







法人税とは

法人の所得に基づいて課税される税金であり、日本国内に本店や主となる事務所などがあれば国内国外問わず納税の義務が発生します。唯一その中でも公共法人に分類される法人は法人税が全面的に免除されています。

法人税の納付について、詳しく説明している記事はこちら
⇒「法人税の納付先など、法人税の納付についての疑問にお答え!

法人税 税率

法人税の税率は資本金と所得の総額で決まります。資本金が1億円以上の場合は自動的に所得総額の23.4%、資本金が1億円以下で所得総額が800万円以上の場合も同じく23.4%、売り上げが800万円以下の場合は15%と段階的に税率が下がっていきます。

法人税 計算

法人税の計算は年ごとの所得総額に税率を掛けるだけなので他の税金と比べると非常にシンプルです。
公共法人や資本金が1億円以上の場合は税率は変わりませんがそれ以外は所得総額によって税率が変わることも多いです。

法人税 納税証明書

銀行で融資を受けるには法人税の納税証明書が必要になる場合があります。名前の通りの証明書ですが全部で6種類あるので銀行でどの書類が必要なのかしっかりと確認しましょう。また。必要書類さえ用意すれば税務署窓口、郵送、インターネット上のどれでも取り寄せることが可能です。

法人税 予定納税

予定納税というのは前年の法人税が一定の金額を超える場合にその年の法人税の一部を前もって納付する制度のことを言います。予定納税をする場合、前年の実績をもとに予定申告するか仮決算をして予定申告をする必要があります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする