扶養家族や親族、扶養手当と控除、扶養範囲について







扶養家族とは

収入の問題で生活面において助けてもらう必要のある家族を指す言葉であり、会社に勤めている方などはよく耳にする言葉だと思います。また、単に扶養家族と言っても税法上の扶養家族と健康保険法上の扶養家族があり、どちらを指すかによって定義が変わってきます。

扶養親族とは

16歳以上、配偶者以外の親族か里子か市町村長から養護を委託された老人であり、納税者と生計を一緒にしていて年間の合計所得金額が38万円以下、そして青色申告専従者でも白色申告専従者でもない人。この全ての条件に当てはまる人が扶養親族となります。

扶養控除

納税者に扶養親族となる人がいた場合に納税者の所得から一定の金額を控除できる制度のことを言います。控除額の最低は38万円からとなっており、扶養親族の人数や年齢などによって控除額は変わってきます。

扶養手当

扶養手当は扶養控除と違い、勤めている会社の就業規則に則って会社から支給されるものです。なので会社によって支給される金額も違えば支給される条件も違いますし、中小企業などでは支給されない場合も少なくありません。

扶養範囲内

前述のように扶養には税法上の扶養と健康保険法上の扶養があります。税法上の場合は年収が103万円を超えてしまうと扶養から外れてしまいます。健康保険法上の場合は年収が106万円を超えてしまうとアルバイト先などの保険と厚生年金に加入することになってしまいます。また、アルバイトなどを掛け持ちしていた場合は年収は合算で扱われます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする