登記簿オンライン、登記簿謄本、登記簿図書館、登記簿情報提供サービスについて







登記簿とは

登記簿というのは登記記録が載っている帳簿のことであり、磁気ディスクによって記録することが義務付けられています。また、登記簿には複数の種類があり、土地登記のための土地登記簿、建物登記のための建物登記簿、商号登記のための商号登記簿などが存在します。

登記簿謄本とは

簡単に言ってしまうと登記簿の写しのことであり、会社名、住所、資本金、代表取締などの基本的な情報が記載されています。全部事項証明書と一部事項証明書の2種類があり、法務局で申請することで取得することができます。

登記簿 オンライン

登記簿謄本は法務局で申請する以外にもパソコンを使ってオンライン上で申請することもできます。メリットとしては法務局の業務時間外も申請できることや通常の申請に比べて手数料を安く済ませることができ、申請した登記簿謄本は郵送か後日、法務局に行くことで取得できます。

登記簿図書館

登記簿図書館は会社名であり、サービス名でもあります。日本で唯一、登記情報を法務局よりも安く取得できるのが株式会社登記簿図書館です。法務省がインターネット上で登記情報を取得できるようにした際、登記簿図書館という名前でオンラインサービスを開始しました。

登記簿情報提供サービス

パソコンを使い、インターネット上で登記情報を確認できる登記簿情報提供サービスというものがあります。PDFファイルで提供され、有料ではありますが法務省などに行く手間がかからないので非常にメリットがあります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする