登記情報や登記簿謄本、登記申請書や登記事項証明書、登記情報提供サービスについて







登記情報とは

正確には不動産登記情報であり、土地や建物の住所や面積、その所有者の住所や氏名などの登記簿に記載してある基本的な情報のことを言います。また、登記情報は有料ではありますが法務局などで一般公開されています。

登記簿謄本とは

登記情報が記載されている登記簿の写しのことであり、基本的に登記情報が必要な際は法務局などに行き、登記簿謄本を取得することになります。有料ではありますが制限などは無く、申請さえすれば誰でも取得することが可能です。

登記申請書とは

名前の通り登記の登記の申請をする際に必要な書類です。この書類に登記する不動産や登記の目的などを記入したうえで、登記原因証書、登記済証などの必要書類と一緒に提出することで登記の申請をすることができます。

登記事項証明書とは

基本的には登記簿謄本と同じく登記簿の写しのことです。2つの違いは登記簿謄本が磁気ディスクに記載された登記情報を用紙に複写したものであるのに対し、登記事項証明書はそのまま登記情報を印刷したものになります。

登記情報提供サービスとは

登記所が保有している登記情報をインターネットを利用してパソコンの画面上で確認できるサービスであり、PDFファイルにて保存することも可能です。また、料金の支払いも含めてオンライン上で全てが完結するので非常に便利です。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする