贈与税の税率や申告、非課税、配偶者控除について







贈与税とは

個人から財産をもらった個人が支払う税金のことであり、よく耳にする生前贈与などの際に課税される税金でもあります。生前贈与は相続税を回避するための制度であり、贈与税はその相続税を回避されることを防ぐための税金でもあります。

贈与税 税率

贈与税の税率は8段階に分かれており、贈与された金額が高いほど税率は高くなります。また、贈与されるのが親から子、祖父母から孫などの直系尊属かそれ以外かで税率が異なり、直系尊属の方が低い税率になっています。

贈与税 申告

財産の贈与を受けている場合、贈与税の申告をする必要があります。申告に際して贈与税の計算をすることになりますが暦年課税と相続時精算課税という2種類の計算方法があり、それぞれに合わせた書類を用意する必要があります。

贈与税 非課税

贈与税は非課税になることが多い税金です。まず、生活費としての贈与であれば贈与税の課税対象となりません。次に年間110万円までの贈与であれば非課税であり、他にも子育て資金として一括贈与を受けた場合などは1,000万円までは非課税となります。

贈与税 配偶者控除

結婚して20年以上が経つ配偶者に対して居住用の不動産、もしくはその購入資金を贈与した場合は配偶者控除として2,000万円まで非課税枠が加わります。しかし、配偶者控除の申告をしていなと適用の対象外となってしまうので注意が必要です。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする