生前贈与の手続きと相続税、非課税や遺留分について







生前贈与とは

生前贈与とは主に相続税対策などに行われる財産の贈与のことであり、多くの場合は親族間で行われます。相続との最たる違いは文字通り生きている間に贈与することであり、生前贈与をする人を贈与者、受け取る人を受贈者と言います。

生前贈与の手続き

生前贈与する場合、贈与する財産によって方法は異なります。金銭を贈与する場合、必要書類は定められていませんが生前贈与があったことを証明するために贈与契約書を作成するのが一般的です。逆に土地や不動産の場合は様々な書類を法務局へ提出する必要があります。

生前贈与 相続税

前述のように生前贈与とは相続税対策としての意味合いが強いです。確かに生前贈与であれば相続税は発生しませんが相続税とは別に贈与税というものが発生します。また、この贈与税は贈与した金額が大きくなるほどかかる税金も大きくなるので注意が必要です。

生前贈与 非課税

贈与税は非課税になる場合が多くあります。まず、生活費の贈与は贈与税の対象ではなく、それ以外も年間110万円までであれば非課税となっています。また、婚姻期間が20年以上の夫婦の間で居住用の不動産を贈与した場合は2,000万円まで非課税になる、おしどり贈与というものもあります。

生前贈与 遺留分

遺留分とは生前贈与で遺産が減ってしまい、相続する遺産があまり残っていない場合に一定の相続人に保証された最低限の相続財産のことを言います。遺産が足りず遺留分未満しか相続できなかった相続人は遺留分が侵害されたとして受贈者に対し不足分を請求することができます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする