消費税の課税事業者と中間納付、消費税の増税と使い道について







消費税とは

平成元年から始まった税金であり、全ての商品やサービスが課税対象となっています。商品を購入したりサービスを利用する際に消費者が負担した消費税を支払われた側が国に納めるようになっています。

消費税 課税事業者

消費税課税事業者とは前述のように消費者の代わりに消費税を国に納める個人事業主や企業などの法人のことを言います。しかし消費税課税事業者になるには条件があり、その条件に当てはまらない場合は消費課税事業者とはなり得ません。

消費税 中間納付

消費税課税事業者は消費税の金額によっては確定申告時だけではなくその前に分割で納付する必要があります。回数も金額によって決まっており、48万円以下であれば分割の必要はありませんが、400万円以下であれば確定申告と合わせて2回、4,800万円以下であれば4回と金額が大きくなるごとに分割回数も増えていきます。

消費税 使い道

消費税のほぼ100%は社会保障費として使われています。この社会保障費とは65歳以上の人に支払われる年金であったり、医療費や介護費の一部、子育て支援のことであり、社会保障財源として国が使用しています。

消費税 増税

平成元年の施行当時は3%であった消費税は平成9年の地方消費税導入を機に5%となり、平成26からはさらに8%に増税されました。2019年以降は10%となると予定であり、増税の理由としては前述の社会保障費が足りないことが挙げられます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする