住民税の扶養と控除、非課税や特別徴収について







住民税とは

住民税とは地方税の一つであり、都道府県から徴収される都道府県民税と市町村から徴収される市町村民税の総称です。住民税の目的は自治体による教育や福祉、ゴミ処理などの行政サービスのための資金確保であり、一定以上の収入がある人から金額に応じて税負担させることになっています。

住民税 扶養

住民税は扶養控除が適用される税金であり、扶養控除の対象となる親族がいる場合、住民税が控除されます。扶養控除の条件は16歳以上、納税者と生計を一緒にしており、年間の合計所得金額が38万円以下の人に限ります。

住民税 控除

住民税は扶養控除以外にも様々な控除が存在します。条件はそれぞれにあるものの、きちんと申請すれば住民税が控除される可能性があるので心当たりがある方はお住まいの市区町村の窓口で相談してみるのがおすすめです。

住民税 非課税

住民税というの一定の条件を満たすと非課税になります。生活保護を受けている方、もしくは未成年者、障がい者、寡婦、寡夫で前年の合計所得金額が125万円以下の方、前年の合計所得金額が各地方自治体の定める額以下の方、どれかに当てはまる方は非課税の対象となります。

住民税 特別徴収

住民税の納め方には普通徴収と特別徴収があり、納税者が自ら市区町村に住民税を納税することを普通徴収と言い、源泉徴収などと同様に企業が毎月給料から差し引いて個人の代わりに納税することを特別徴収と言います。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする