住宅減税の条件、確定申告と還付金、ふるさと納税についても







住宅減税とは

正確には住宅ローン減税制度といい、住宅ローンを借り入れた人の負担を軽減するための制度です。毎年末のローン残高か住宅の取得対価の少ない方の1%、最大40万円が10年間所得税から控除されます。

住宅減税 確定申告

住宅減税の確定申告の場合、個人事業主の方は通常の確定申告の際に必要書類を揃えて一緒に申告すればいいだけですが会社員の方などは少し違います。会社員の場合、家を購入した翌年の1月から3月15日までに確定申告を行う必要があります。

住宅減税 条件

住宅減税はローンを組んで家を購入すれば適用されるわけではありません。控除を受ける本人が住むこと、購入した日から6ヶ月以内に住み、控除を受ける12月31日まで住み続けることなど様々な条件があるので注意が必要です。

住宅減税 還付金

住宅減税の確定申告が終わって還付金が振り込まれるには多くの場合、1ヶ月から1ヶ月半ほどの時間がかかるそうです。還付の処理が終わると税務署から国税還付金振込通知書というものが届き、大体の場合はそこから5日以内には入金されるようです。

住宅減税 ふるさと納税

住宅減税もふるさと納税も納めた分の税金を控除できる制度であり、併用することができます。もちろん納税した分以上の控除は受けることはできませんがふるさと納税のホームページでは実際に納税した場合の控除額シミュレーターなどもあるので利用してみるのもおすすめです。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする