雑所得と必要経費、確定申告と控除など税金についても







雑所得とは

雑所得というのは所得税法において定められている所得のいずれにも当てはまらない所得のことであり、年金やサラリーマンの副業で得た利益などが雑所得の最たるもの言えます。

雑所得 確定申告

基本的に1年間での雑所得が20万円を超えてしまうと確定申告の義務が発生します。しかし、20万円以下の場合でも住宅ローンの控除や医療費の還付などを受けている場合は確定申告の義務が発生するので注意が必要です。

雑所得 控除

雑所得を得るためにかかった経費は必要経費として控除の対象となります。例えば交通費や仕事に必要なものとして事務所を借りていれば、その家賃も必要経費として申請することができます。

雑所得 必要経費

前述の通り、控除の対象となる必要経費は雑所得を得るために使われた経費ですが、経費打からと言って何でもかんでも申請すれば通るわけではありません。まず、経費として妥当であることと領収書などの証憑が必ず必要になります。

雑所得 税金

雑所得の税金は他の所得と合計して総所得金額を出したうえで決定します。所得税は所得が高いほど税率が高くなっており、金額に応じて税率が5%から45%まで7段階に分かれています。そして控除額を差し引いたものが最終的な税額となります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする