国民共済の医療保険や生命保険、火災保険やこども保険について







国民共済とは

まず始めに共済というのは共済組合に加入している組合員が死亡や入院などの有事の際に備えて、あらかじめ組合員から共済掛金という形で捻出し、実際にケガや病気になった際に共済金として支払う保険システムのことを言います。国民共済はその中でも全労済が展開している共済を指します。

国民共済 医療保険

国民共済の医療保険は様々なタイプがあり、総合的に幅広く保障してくれるものから自身の病気やケガの状態、年齢に合ったものから選ぶことができ、全労済のホームページにて詳しく紹介されています。

国民共済 生命保険

国民共済の生命保険は医療保険として総合的に保障してくれるもの除くと満55歳から入れる終身保険があります。また、国民共済ではありませんが同じく全労済が展開しているせいめい共済という死亡保障をしてくれる共済もあります。

国民共済 火災保険

国民共済には火災に関する保障はないので火災保険に入りたい場合、同じく全労済が展開している住まいる共済という共済が自然災害や火災に関する保障を行っているので、火災保険に入りたい場合はそちらがおすすめです。

国民共済 こども保険

国民共済にはこども向けの保険が存在し、0歳から満14歳まで加入することができます。また、プランによっては満期金といって期間満了時に保険金をもらうこともできるのでお子さんが小さなお子様がいる親御さんは一度調べてみるのも良いのではないでしょうか。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする