高額医療費の申請と対象、限度額や高額医療費貸付制度について







高額医療費制度とは

正確には高額療養費制度と言います。医療費が高額になってしまった場合に患者の負担を減らすための制度であり、同じ月に同じ医療機関で支払った医療費の自己負担額が一定の金額を超えた場合に超えてしまった分が払い戻されます。

高額医療費 申請

高額医療費の申請は事前手続きと事後手続きの2つがあります。事後手続きの場合は通常通り3割負担で支払いをした後、申請をすることで保険者から高額医療費が払い戻され、事前手続きの場合は限度額適用認定証というものを提示することで限度額の支払いのみで済ませることができます。

高額医療費 対象

高額医療費の計算をする際に対象とならないものが複数存在します。基本的に高額医療費の対象となり得るのは保険が適用されるものであり、必然的にそれ以外のものは対象外となってしまうので入院時に個室を使った場合のベッドの差額などは対象外となります。

高額医療費 限度額

高額医療費の限度額はまず70歳未満か70歳以上かで分類されます。その中で所得によって細かく限度額が設定されており、所得が多いほど限度額も高くなります。また、家族であれば医療費の合算をすることも可能です。

高額医療費貸付制度とは

高額医療費が払い戻されるまでの間、必要な資金を無利子で貸し付ける制度です。事後手続きの高額医療費制度の場合、高額医療費が払い戻されるまで時間がかかるので導入された制度であり、おおっくの場合は高額医療費の8割程度が貸し付けられます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする