厚生年金の加入と年齢、受給額の計算方法、国民年金との違いについて







厚生年金 加入

厚生年金はまず、事業所によって強制加入になる場合と任意加入になる場合の2つに分かれます。任意加入の事業所の事業所場合は従業員が加入条件を満たしていても加入できない場合があります。従業員は正社員以外であれば70歳未満、常用雇用者で週30時間、月15日以上出勤であれば加入できます。

厚生年金 年齢

厚生年金に加入する場合、年齢の制限に上限はあっても下限はありません。厚生年金は会社員の年金制度なので入社日が加入日になります。なので加入年齢が20歳未満になることも当然あります。上限は70歳であり、受給開始は60歳となっています。

厚生年金 受給額

厚生年金を受給する場合、気になるのは受給額です。しかし、自分の受給額を計算するのはなかなな難しいので直近の平均受給額などを参考にしてみるのがおすすめです。また、年金を上積みできる企業年金や確定拠出年金などの制度もあるので利用してみるのも良いでしょう。

厚生年金 計算

受給額の計算は65歳未満の人と65歳以上の人で変わってきます。それぞれに細かく設定されており、生年月日や平均の給料、厚生年金に加入していた期間などが合計されたものが受給額となります。基本的に65歳以上の方が高くなる場合が多いです。

厚生年金と国民年金

2つの年金の違いは支払う金額が所得などによって変わるかどうかという所です。基礎年金とも言われる国民年金は所得に関わらず金額は一定です。厚生年金は所得が高いほど金額も高くなりますが受給額も高くなります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする