戸籍謄本の取り方と委任状や附票、戸籍抄本の違いについて







戸籍謄本とは

前提として国民一人ひとりの親族法上の身分関係を記載した公文書のことを戸籍と言います。戸籍には本籍、氏名、出生、続柄などが記載され、戸籍謄本とはその戸籍の原本を全部写したもののことを言います。

戸籍謄本 戸籍抄本の違い

戸籍謄本と戸籍抄本。似ていますがこの2つには違いがあります。前述のように戸籍謄本は戸籍の原本に記載されている情報が全て記載されています。それに対して戸籍抄本は戸籍の原本に記載されている情報の一部のみが記載されています。

戸籍謄本 取り方

戸籍謄本を取得する場合、基本的には本籍地の市区町村の役所で申請するのが確実です。しかし、本籍地が遠い場合や役所に行く時間が無い場合は郵送で申請し、返送してもらうこともできます。また、マイナンバーカードや住基カードを持っていればコンビニで取得することもできます。

戸籍謄本 委任状

本人が役所に行く時間が無く、戸籍謄本を取得するために家族以外の代理人を立てる場合は委任状が必要になります。また、委任状は市区町村のホームページなどでダウンロードすることができますが取得の際には代理人の身分証が必要になります。

戸籍謄本 附票とは

戸籍における附票というのは住所の異動が記録されている書類のことであり、本籍の置かれている市区町村で戸籍とセットで管理されています。なので必要になった際には本籍が置かれている市区町村の役所でしか取得することができません。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする