個人賠償責任保険と子供や自転車、台風について。クレジット付帯の保険についても。







個人賠償責任保険とは

偶発的な事故などによって他人にケガをさせたり他人のものを壊してしまい、損害賠償責任を負ってしまった時に賠償金を補填してくれる保険のことを言います。故意にケガをさせた場合や名誉棄損による賠償責任は対象外となります。

個人賠償責任保険 自転車

保険会社によって呼び方は異なりますが自転車に特化した個人賠償責任保険は自転車保険と呼ばれることが多いです。この保険は自転車運転中のケガで入院や通院した場合の自身の補償と相手にケガをさせてしまった場合の損害賠償の補填をしてくれます。

個人賠償責任保険 台風

台風により物が飛ぶなどして他人に損害を与えてしまった場合、自然災害が原因なので基本的には個人賠償責任保険の対象にはなりません。しかし、管理状態が悪いなど明らかに不備がある場合は個人賠償責任保険の対象となる場合もあります。

個人賠償責任保険 子供

当たり前ですが子供が他人にケガを負わせてしまった場合、責任取るのは親になります。なので個人賠償責任保険に入るのは重要なことです。また、自転車に乗れるようになると危険度も一気に跳ね上がるので自転車保険を義務化する地域も増えています。

個人賠償責任保険 クレジット付帯

クレジットカードには個人賠償責任保険が付帯しているものがあります。基本的にどれも月額の保険料が非常に安く、通常の個人賠償責任保険に比べて手軽に備えておくことができますがクレジットカードによって内容が異なります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする