個人事業主と開業届や確定申告た税金、社会保険について







個人事業主とは

簡単に言ってしまうと法人を設立せずに個人でお店を経営している人のことを言います。また、事業として成立させるには仕事を継続させていく必要がり、継続するとわかった時点で個人事業主となります。

個人事業主 開業届

正確には個人事業の開廃業届出書といい、個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類です。必ずしも開業届を提出しなくてはならないわけではないですが提出することで節税効果の高い青色申告をすることができます。

個人事業主 税金

個人事業主として納める税金は色々とあり、会社員などとちがって自分で計算して納める必要がります。個人事業主が納める必要があるのは所得税、消費税、住民税、個人事業税とありますが個人事業税は条件を満たす一部の個人事業主が対象になります。

個人事業主 確定申告

個人事業主は1月1日から12月31日までの会計結果を翌年2月16日から3月15日までに国に申告する必要があります。確定申告には通常の白色申告と面倒な計算や帳簿の知識が必要な代わりに特別控除か受けられる青色申告があります。

個人事業主 社会保険

個人事業主が任意で加入することができる社会保険とは国民健康保険、国民年金、労災保険のことです。また、個人事業主でも従業員を雇った場合には労災保険や雇用保険に必ず加入する必要があり、5名以上になると従業員と折半で健康保険や厚生年金を支払う必要があります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする