管理栄養士と大学や国家試験、就職先について







管理栄養士とは

厚生労働大臣が認定する国家資格であり、栄養に関する非常に高いレベルの知識や技術を備えた人のことを言います。主に病気の人の療養や健康保持のための栄養指導にあたることが多いです。

管理栄養士になるには

管理栄養士になるためには、まず栄養士の資格を取得する必要があります。栄養士の資格は栄養士養成学校を卒業することで無条件で取得することができます。その後、管理栄養士養成学校に入り実務経験を積み、国家試験に合格することで管理栄養士の資格を取得することができます。

管理栄養士 国家試験

前述のように管理栄養士の資格を取得するには国家試験に合格する必要があります。この試験は年に1回、毎年3月頃に実施されており、試験内容は9科目、全200問で構成されています。

管理栄養士 大学

管理栄養士養成学校には4年制の大学、3年制の短大、専門学校、2年制の短大、専門学校と複数の種類があり、卒業と同時に栄養士の資格を取得することができます。また、学校の期間によって必要な実務期間も変わってきます。

管理栄養士 就職先

前述のように管理栄養士というのは病気の人のための栄養管理が主な仕事になりますので入院設備があるような病院に就職することが多いです。その他だと福祉施設や小中学校、食品開発会社なども多いようです。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする