外貨預金のメリット・デメリット、金利や税金についても







外貨預金とは

外貨預金とは日本ではなく外国の通貨で預金することを言います。米ドルやユーロなどで取引する場合が多く、仕組みとしては日本円を外国通貨に交換して預金し、払戻す時は外国通貨から日本円に交換することになります。

外貨預金のメリット

外貨預金におけるメリットは為替変動による利益が狙えることと金利を受け取れることです。為替変動によって預入時のレートよりも円安であれば利益を得ることができます。また、低金利が続く日本と比べて高い金利の外国通貨も多くあるので利息もメリットの一つです。

外貨預金のデメリット

前述したように円安であれば利益になりますが、逆に円高が続いた場合はもちろん損失になってしまいます。さらに忘れられないのが手数料と税金の存在です。日本円と外国通貨の交換の際には為替手数料が発生し、レート差で利益を得た場合は雑所得として課税対象になってしまいます。

外貨預金 金利

金利というのは日本国内において無いに等しい水準ですが外国の金利を見てみると日本とは比較にならないほど高金利の国も多く存在します。交換する外国通貨を選ぶ際は高金利の国を選ぶほど利息も高くなります。

外貨預金 税金

外貨預金をする場合、税金の仕組みは複雑になっており、利息にかかる税金は外貨預金をしている金融機関が国内か国外かによって変わってきます。国内の場合は通常の預金と同様の処理がされるので確定申告の必要はありませんが国外の場合は利子所得として確定申告をする必要が出てきます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする