海外旅行保険を空港で?クレジットカードの付帯で?子供や70歳以上には?







海外旅行保険とは

海外旅行傷害保険とも言い、海外旅行中に起きる事故、病気、盗難などのトラブルを補償してくれる保険です。旅行以外にも海外への留学や出張に対しても有効であり、目的に合わせた保険会社を選ぶのがいいでしょう。

海外旅行保険 子供

環境の変化には大人よりも子供の方が敏感なので体調や慣れない場所に行くということも含めて海外旅行保険は子供の方が重要になってきます。子供を保険に加入させる場合、家族で入れるファミリープランが一番良く、ない場合は個人で加入させるのが良いでしょう。

海外旅行保険 70歳以上

70歳以上だと海外保険に加入できないという印象が強いですが一概にそうとは言えません。健康上の問題が無ければインターネット上で加入できる保険会社もありますし、そうでない方も高齢者向けのプランがある保険会社もあるので、まずは問い合わせてみるのがおすすめです。

海外旅行保険 空港

出発前に空港で海外旅行保険に加入している方がいますが、実は損をしています。理由としては非常に料金が高いです。事前にインターネット上で加入した場合、同じ内容でも最大で40%から50%ほど安くなる場合もあります。

海外旅行保険 クレジットカード

クレジットカードは種類によって海外旅行保険が付帯しています。海外旅行保険とは言いますが保険会社で加入するものとは少々違います。まず、日数が出国から90日と決まっていること、次に疾病、死亡が適応外なこと、そして最大の違いは海外で治療費などが発生した場合、一旦立て替える必要があることです。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする