介護福祉士の国家試験と受験資格や試験日、過去問についても







介護福祉士とは

1987年に成立した社会福祉士及び介護福祉士法による社会福祉専門職の介護に関する国家資格です。主な仕事は介護が必要な高齢者や障害者に対して日常生活が送れるよう、食事や入浴、排泄、歩行などの介助や介護者の精神的な支えになることです。

介護福祉士 国家試験

介護福祉士の国家試験は人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア、総合問題からなる筆記による第一次試験と実技による第二次試験で構成されています。また、実務研修を修了している場合は実技試験は3回まで免除され、第一次試験のみで合否が決まります。

介護福祉士 受験資格

介護福祉士の国家試験の受験資格を得るにはいくつかのルートがあります。実務経験を3年積むことで受験資格を得られる実務経験ルート、介護福祉士養成施設を卒業することで受験資格を得られる養成施設ルート、福祉系高校を卒業することで受験資格を得られる福祉系高校ルートがあります。

介護福祉士 試験日

前述のように介護福祉士の国家試験は第一次試験と第二次試験に分かれています。第一次試験は毎年1月下旬に行われており、第二次試験は毎年3月上旬に行われています。

介護福祉士 過去問

試験の対策をするうえで非常に大切になるのが過去問です。インターネット上で検索すれば無料で介護福祉士の国家試験の過去問を見れるサイトも多く、中にはクイズ形式などで利用できるサイトもあるので勉強する場合はおすすめです。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする