印鑑と印鑑登録や印鑑証明、印鑑届書や印鑑改印届書についても







印鑑とは

広い意味では認印なども印鑑に含まれますが正確には市町村などの役所や銀行などに届出があり、登録されている実印と呼ばれるもののことを言います。勘違いされがちですが印鑑とは正確には押印した後の印影のことを指す言葉であり、はんこそのものを指す言葉ではありません。

印鑑登録とは

印鑑を役所に登録しておくことで自分の印鑑と証明できる制度です。その印鑑を実印として扱うことができ、重要な取引で使用することができます。登録できるのは8mmの正方形より大きく、25mmの正方形より小さいもの、氏名以外の文字や装飾が入っていないものなど、いくつかの条件があります。

印鑑証明とは

正確には印鑑登録証明書と言います。これは重要な契約などで使うことの多い実印が本当に契約者本人のものであるかどうかを証明するために契約先などに提出するためのものです。必要な場合は市区町村の役所などで発行してもらえます。

印鑑届書とは

会社設立の際、代表者は代表取締役の印鑑を作って法務局に登録する必要があります。この時に必要な書類を印鑑届書と言います。個人の場合と少し異なりますが、辺の長さが1cmを超え,3㎝以内の正方形に収まるものという条件があります。

印鑑改印届書とは

会社の名称を変えた際など、法務局に登録している代表取締役の印鑑を変更する必要が出てきた場合、印鑑改印届書という書類を提出します。この書類は代表者本人以外にも代理人申請することが可能であり、本人か代理人かによって記入方法が異なります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする