遺産相続の手続きと権利や期限、税金と遺留分について







遺産相続 手続き

遺産相続をする場合、最初にしなくてはいけないのは死亡届の提出であり、次に葬儀を執り行ったり健康保険や遺族年金の手続きなどやるべきことは非常に多いです。期限がある手続きも多いので専門家と相談しつつ進めていきましょう。

遺産相続 権利

遺産相続の権利があるのは基本的に配偶者、子、親のような法律で定められた相続人ですが被相続人が遺言書を残していた場合、その遺言書に書かれた人は被相続人の財産を相続できます。また、遺言によって財産を相続する人を受遺者と言います。

遺産相続 税金

遺産相続をした際、その遺産の金額が基礎控除額を超える場合は相続税の課税対象となります。基礎控除額は基本が3,000万円であり、一人につき600万円がプラスされます。なので簡単に言ってしまうと3,600万円以内であれば相続税は発生しません。

遺産相続 期限

遺産相続には期限のある手続きが数多くあります。被相続人が個人事業主などの場合は4ヶ月以内には準確定申告を行わなければならないですし、相続税が発生した場合には10ヶ月以内に申告と納税を行う必要があります。

遺産相続 遺留分

前述のように法律で定められた相続人以外も遺言さえあれば受遺者となり遺産を相続することができます。仮に遺言書に相続人以外の受遺者に全財産を相続すると書かれていた場合、相続人は遺産を受け取ることができません。この場合に相続人が主張できるのが遺留分という一定の相続財産です。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする