ワンストップ特例制度と確定申告や所得税、ワンストップ特例申請について







ワンストップ特例制度とは

ふるさと納税の寄付金控除を確定申告をせずに受けられるのがワンストップ特例制度です。寄附先が5ヶ所までであれば1年以内はこの制度を利用でき、6回以上ふるさと納税を行っても寄附先が5ヶ所までであればワンストップ特例制度を利用できます。

ワンストップ特例申請

ワンストップ特例制度を利用するには申請が必要になります。申請はふるさと納税を寄附した自治体に申請書とマイナンバーカードのコピーを送るか、マイナンバーカードがない場合はマイナンバーのわかる書類のコピーと運転免許証などの身分証明書のコピーを送付することで完了します。

ワンストップ特例申請書

ワンストップ特例制度の申請には前述のように申請書が必要になります。正式には寄付金税額控除に係る申告特例申請書という名前であり、寄附先の自治体から郵送されてくることも多いですが自治体や総務省のホームページからダウンロードすることもできます。

ワンストップ特例制度 確定申告

ふるさと納税は簡単に言ってしまうと寄付金控除の一種なので以前は確定申告が必要でした。ワンストップ特例制度の導入により確定申告は不要になりましたが物事には例外があります。期限である翌年1月10日を過ぎた場合はワンストップ特例制度は使えませんし、別の理由で確定申告をした場合はワンストップ特例制度が無効になってしまうので改めて寄付金控除の申告をする必要があります。

ワンストップ特例 所得税

ふるさと納税をした際に控除を受けるには確定申告をするかワンストップ特例制度を利用するか選ぶことができます。確定申告をした場合、寄附した年の所得税と住民税の控除を受けることができます。 ワンストップ特例制度は所得税が控除されない代わりに申告特例控除といって翌年の住民税が控除されます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする