ハザードマップのポータルサイトやアプリ、種類と調べ方について







ハザードマップとは

自然災害が起こった際の被害の予想範囲や避難場所、避難経路、防災関係の施設などを記載した地図のことを言います。土砂災害防止法によって土砂災害警戒区域に指定されている市町村はハザードマップの作成が義務付けられています。

ハザードマップ 種類

災害の種類に合わせてハザードマップも複数の種類があります。洪水や大雨による土砂崩れに対応した洪水ハザードマップ、火山活動が活発になった場合や噴火災害に対応した火山ハザードマップ、地震災害に対応した地震ハザードマップなど市町村に合ったハザードマップが配布されます。

ハザードマップ ポータルサイト

お持ちのパソコンなどを使い、インターネット上でハザードマップを確認することができます。このウェブサイトは見たい場所を住所から簡単に検索することができ、洪水、土砂災害、津波のハザードマップを見ることができます。

ハザードマップ アプリ

スマートフォンをお持ちであれば有事の際に備えてハザードマップが組み込まれている防災関連のアプリをインストールしておくのがおすすめです。スマートフォンであればパソコンと違い、携帯できるうえ、GPSと組み合わせることで迷わず避難経路を進むことができます。

ハザードマップ 調べ方

有事の際に備えることは非常に大切なことです。そこで避難場所や避難経路の調べ方ですが、お住まいの市町村でハザードマップが配布されているのであればそれを参考にしてください。ない場合は前述のポータルサイトでお住まいの市町村を検索することで情報が出てくるはずです。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする