ニーサの口座開設や積立、投資信託やロールオーバーについて







ニーサとは

ニーサというのは2014年から始まった、株や投資信託などを運用して得た利益や配当金を一定額非課税にする制度のことを言います。2016年からは毎年120万までという非課税枠が設定され、2023年まで毎年新しく120万円の非課税枠が追加されます。

ニーサ口座開設

ニーサ口座は20歳以上であれば誰でも開設することができますがすべての金融機関を対象に一人につき一つしか口座を開設できません。また、一度口座開設してしまうと最低4年間は他の口座に口座開設出来なくなってしまうので注意が必要です。

ニーサ 積立

ニーサには一般ニーサとは積立ニーサというものがあります。二つの大きな違いは非課税の枠と期間にあります。一般ニーサが年間120万であり5年という期間に対し、積立ニーサは40万と枠は小さいですが期間は20年と非常に長く、長期投資向けとなっています。

ニーサ 投資信託

ニーサで投資信託をする場合、株などで投資をするのに比べて少額で投資をすることができます。また、投資信託であれば投資する金額を指定して購入することもできるので初心者の方にも敷居が低くなっています。

ニーサ ロールオーバー

株や投資信託などを運用して得た利益や配当金は5年の非課税期間が満了すると基本的には課税の対象になります。しかし、一定の条件を満たしている場合は所定の手続きをすることで翌年の非課税枠に移すことができ、さらに5年間非課税で保有することができます。これをロールオーバーと言います。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする