サービス付き高齢者向け住宅の入居条件、補助金や介護保険について







サービス付き高齢者向け住宅とは

高齢者の為に安全な居住空間を確保し、介護や医療などのサービスを提供する賃貸住宅のことです。元々は高齢者円滑入居賃貸住宅、高齢者専用賃貸住宅、高齢者向け優良賃貸住宅と3種類ありましたが法律の改正に伴いサービス付き高齢者向け住宅に統一されました。

サービス付き高齢者向け住宅 入居条件

サービス付き高齢者向け住宅の入居条件は60歳以上の高齢者もしくは要介護者認定を受けた60歳未満の方です。同居できるのも配偶者や60歳以上の親族のみであり、他にも場所によって条件は様々なものがありますが入居するには連帯保証人か身元引受人が必要になる場合が多いです。

サービス付き高齢者向け住宅 補助金

サービス付き高齢者向け住宅は国土交通省の高齢者等居住安定化推進事業の対象となっており、登録することで1戸当たり100万円が上限ですが新築であれば建築費の10分の1が国から補助金として支給されます。

サービス付き高齢者向け住宅 医療

サービス付き高齢者向け住宅での医療とは嘱託医がいる老人ホームなどとは違い、どんな医療を受けるかは自分で選ぶことができます。また、希望する場合は併設する診療所や提携している医療機関を紹介してもらうこともできます。

サービス付き高齢者向け住宅 介護保険

サービス付き高齢者向け住宅は介護保険の対象になりますが特定施設の介護サービス利用時と外部サービスの利用時で限度額などが異なりますので介護サービスを利用する際には確認することが大切です。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする