クレペリン検査の判定や理想曲線、練習問題や内田式クレペリン検査について







クレぺリン検査とは

ドイツの精神科医であるエミール・クレペリンが考案した一種の性格検査です。34行90列に渡って一桁の数字が書かれており、隣り合った数字をどんどん足していき、その和の1位の数字を次々に記入していきます。

クレペリン検査について、さらに詳しく説明している記事はこちら
⇒「クレペリン検査の理想と作業量目安、判定基準ややり方について

クレペリン検査 判定

クレペリン検査で判定されるものは複数あります。まず、どれだけ足し算ができたかということであり、これは処理能力の判定になります。次に作業曲線、これは1分ごとの計算量の変化を曲線で表したものであり、性格分析に繋がります。

クレペリン検査 練習問題

クレペリン検査において練習は良い結果を出すことに繋がります。それは判定の基準の一つである作業量は多ければ多いほど良いとされているからです。練習問題が欲しい場合はインターネット上でダウンロードすることが可能です。

クレペリン検査 理想曲線

性格分析の基準になる作業曲線には理想的な作業曲線、理想曲線というものがあります。定型曲線とも言われ、性格にも適正にも偏りがない普通な人が書く曲線と言われています。基本的にはこの曲線に近づくのが良いとされています。

内田式クレペリン検査とは

クレペリン検査を元に内田勇三郎が開発した精神検査です。一部の企業では就職試験として用いられていますが実証的な研究結果は出ておらず、外部にも判定方法が広く知られてしまっているので被験者が意図的に結果を操作することも可能です。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする